蒸溜所

僕は酒の席は苦手であるが酒そのもはまんざらでもなく、その気になれば「いける口」であると自負している。ただし調子よく飲みすぎると必ず有頂天になってあとあとしくしく後悔をするようなへまをやらかすので、強いとは思ってはいない。一言でいえば好きなのであるが自信がないのである。ビールと焼酎を欠かさないない日なので、たま清酒など飲むともちろんうまいのであるが、酔いも変ってくる。

若いころはサントリーレッドやホワイトをよく飲んだがたぶん今飲めば、頭が痛くなりそうだ。とくにこのウィスキーについては嫌いではないのだが、あまり飲む気はしなかった。一時期バーボンをよく飲んでいたこともあったのだろう、口当たりが甘ったるくどうもうまいとは思わなくなってしまったのだ。でもそんなウィスキーに対する偏見を変えてくれたのが「竹鶴」であった。初めて口にしたのがニッカウヰスキー宮城峡蒸溜所、広大な自然に囲まれた素晴らしい環境のなかである。

「ウィスキーとはこんなに深いものなのか」僕は驚嘆し、それ以来知った山崎や白州のうまさに堪能したものだった。この時はその後は牛タンなどお決まりのコースを楽しんだのだがあまりいい思い出はない、しかし蒸溜所だけはぜひまた訪ねてみたいものだと思っている。また仙台といえばよく当たる占いの店があることでも有名です。若かったころ半信半疑でタロットで鑑定をしてもらったところ、びっくりした経験があり占いには興味を持つようになった。

仙台駅周辺に点在しているので蒸溜所再訪の際にはぜひ足を延ばしてみたいとも思っている。そんな仙台にも新幹線を使えばなんてこともなく行くことができる。とても便利ではあるがあっけない、旅の風情がないといえばいいのだろうか。特に団体さんと一緒になるともうだめだ。まあこれも旅なのかもしれないが。